FC2ブログ
2019-01-31(Thu)

お金の投げ入れ禁止(多分)

ゴッツゴツ山道や、凸凹の散策路を超えると、ちょっと違和感を覚える人工物が出てきます。
なんだ?という感じですが、自然との共生に必要な水路のようです。
面白いのが、じゃぶじゃぶ溢れる水路の水です。そして、それがまたあらたな湿地帯を形成しているようです。
ちょっと、温泉?トレヴィの泉?とまではいいませんが、なかなかの水景です。
鳥海マリモ5

水流の中に見える苔が、ここのポイントです。
その名は、鳥海マリモです。
鳥海マリモ6  
スポンサーサイト
2019-01-30(Wed)

落石注意

こんな岩場にもニョキニョキと樹木が生い茂っています。
なんか、コウモリでも飛び出してきそうです。
凄いスケールのところですが、落石注意なので、早めに切り上げます。
異形樹の森33 
2019-01-29(Tue)

水曜スペシャル気分

さすがに、ここは、地震がこないように祈ります。
鳥海山のスケールがわかるところです。
異形樹の森32 
2019-01-28(Mon)

ネッシーではございません

幹からグネーっとしているのが、結構見られます。
生き物のようです。
異形樹の森31

生命力みたいのを、ちょうだいできます。
異形樹の森30  
2019-01-27(Sun)

ゴツゴツ

獅子ヶ鼻湿原の散策路が、厳しいのは、このあたりまでかなと思います。
一部分だけです。
ゴツゴツと音が聞こえてきそうな風景です。
異形樹の森22 
岩の上を、滑らないように、くじけないように、ゆっくりと進みます。
異形樹の森29 
2019-01-26(Sat)

盛上る冒険感

中島台レクリエーションの森、獅子ヶ鼻湿原の地盤は、鳥海山麓にあります。
そのため、溶岩と森林とのコラボが、随所に見られます。
異形樹の森25

このようなところも進みます。
異形樹の森27

冒険感が盛り上がってきます。
異形樹の森26   
2019-01-25(Fri)

コブコブ

幹がグネグネ、コブが、ボコボコっとしています。
こんな、樹々をたくさん見ながら、獅子ヶ鼻湿原の散策路は続きます。
異形樹の森28 
樹の根を踏みたくはないのですが、ここのようなところも通っていきます。
丈夫なんですね。
岩や、石が、ゴロゴロしているのもこのあたりの特徴です。
異形樹の森24  
2019-01-24(Thu)

ヘトヘト

立派な樹々たちの中でも、ヘトヘトにお疲れのご様子も見られます。
お疲れ様と一声掛けてあげましょうか。
異形樹の森23 
2019-01-23(Wed)

ニョキニョキ

ニョキニョキと伸びていく姿が、魅力的にすら見えます。
生きていくパワーを貰えるようです。
異形樹の森21  
2019-01-22(Tue)

苔のパウダー

 どこまでも続くかのようです。
苔のモコモコ感が、大好きです。
モコモコ、モコモコっと。
癒されます。
異形樹の森20

このあたりの苔さんたちには、本当に癒されています。
2019-01-21(Mon)

ジブリの悪役戦車現る

もう何も説明は、いらないかと思います。
素直に「ジブリの悪役戦車」に見えます。
異形樹の森13 
 
いや、スターウォーズのなんちゃらの足、
いや、ハリーポッターのなんちゃらの顔、
いや、ドラゴンボールのナメック星のボスの顔、
いろいろ見えてきました。
2019-01-20(Sun)

清らかなる泉

獅子ヶ鼻湿原の最大級の見せ場は、「出つぼ」です。別名「熊の水飲み場」。
大変にきれいな湧水池です。心身ともに洗われます。
酸度が強く、水温もかなり低いとか。
この水が、川の流れとなり、人々の田園を支えてきたのですね。
まさに、パワースポットです。
異形樹の森18 

とにかく水が綺麗です。
異形樹の森19 

出つぼの周りの風景です。
こちらも味がります。
異形樹の森17 
2019-01-19(Sat)

選ぶがよい、獅子ヶ鼻湿原を!

中島台レクリエーションの森へ入ると、「あがりこ大王」を見て帰る20分くらいのコースと
獅子ヶ鼻湿原をぐるっと回る、1時間から2時間くらいのコースに分かれます。
個人差が大きく出るコースです。後、いろいろ見入ってしまうので、時間はかなり余裕を持って行動しましょうね。ここまできたら、ぜひ、ぐるっと回っていただきたいものです。
体力は中程度必要です。

獅子ヶ鼻湿原の方を選ぶと、すぐに湿地帯に差し掛かります。いきなり、モワッとした空気となり眼鏡がくもるほどでした。なんかジャングルに迷い込んだみたいです。

異形樹の森14

更に進むと、小さな水の流れが、いくつも出てきます。
透明感溢れる水の流れと、苔が揺れる姿が、愛おしく感じます。
なんといっても、足元をきれいな水が流れていくんです。

異形樹の森15

更に更に進むと、渓流にもなっています。
水には、いろいろな表情があることがわかりました。

異形樹の森16   
2019-01-17(Thu)

森を切り裂く川の流れ

鬱蒼(うっそう)とした世界から、突然風景が切り替わります。
結構な流れの川ですが、木製の橋の上を渡っていきます。
異形樹の森10

視界がパーッと開ける瞬間にまた、足が止まります。

異形樹の森11

この森の源である水は、とても透明感のあるものです。

異形樹の森12   
2019-01-17(Thu)

すぐに異形樹に魅せらる

中島台レクリエーションの森の散策路はよくできています。
いっぱいの木々たちといっぱいの魅力が溢れています。
そんな中でも、ひときわ異彩を放つ樹木の横を通れるからです。
コース取りが、うまい。すぐに、魅せられ、つかまってしまいます。
異形樹の森7 

いきなりグネグネーっとした背の高い樹です。
散策路から外れることは、禁止です。
しかし、ちゃんとふれることができるところまで誘導してくれています。 
いたずら書きもありません。
多くの人が来ていると思います。
ゴミもなくマナーが守られているようです。
異形樹の森8 

スーッと伸びた枝を見上げると、ほんとにやさしい木漏れ日に出会えます。
異形樹の森9 
この日は特に、鳥さんたちのさえずりと、やわらかな風、やわらかな光でつつまれ幸せです。
 
2019-01-16(Wed)

いざ、参らん異形樹の森へ

さあ、いよいよ中島台レクリエーションの森へ、行きます。
この散策路に入ると鳥さんたちのさえずりが一段と大きくなります。
自然の中へ解き放たれた瞬間を感じるときです。
異形樹の森4 
鬱蒼(うっそう)とした感じが高揚感を呼びます。
異形樹の森5 
見事な木々たちがお出迎えしてくれます。
異形樹の森6

動画を切り抜いたもので、ちょっとみにくいですが、雰囲気はわかってもらえると思います。 
2019-01-15(Tue)

異形樹の森の案内板

水分補給と、トイレを済ませてイザ出発です。
と、その前に、この森の管理にもお金がかかるということで、募金箱があります。
私は、来るたびに「100円募金」にしています。
なんといっても、歩行用に木材が使われており、手間もかかっているようです。
今の私個人は、「100円募金」と決めて楽しませていただいています。
ちなみに、東京の新宿御苑で200円だったような記憶です。

ではでは、中島台レクリエーションの森の案内板です。
この公園内の2大スポットと言っていい
「あがりこ大王」と「獅子ヶ鼻湿原」(ししがはなしつげん)の散策路です。
異形樹の森案内 

こちらが、散策路の始まりです。この雰囲気だけでも、気分高揚できます。
異形樹の森3 
時々、中国の方々と思われる人たちとすれ違います。結構ビデオ回しながら、ロケでもしているのかなと思えるシーンに出くわします。きっと、もっと観光地化するものと思われます。
2019-01-14(Mon)

約半月を260倍で撮る

久々の良い天気の夕方でした。
何とも、お月さまが綺麗に見えたので、超望遠コンデジで撮ってみました。

20190113半月 

こちらは動画で、最大デジタル260倍まで拡大しています。



当たり前のことですが、見る日、見る時によって、お月さまの表情が違うんだなと
改めて思いました。
2019-01-13(Sun)

異形樹の森の入り口

中島台レクリエーションの森に到着すると、すぐに結構広さの広場があります。
先に進みたいのであまり利用することは、ないような気がします。
でも立派な広場で、いいところに来たって感じになります。
森に入ると、飲食は禁止です。熊さん対策です。
日中に入る限り、熊さんとの出会いはないと思います。
しかし、絶対遭遇しないわけではないですし、必ず山麓のどこかにはいます。
なので、ここらか、駐車場で補給してから、出発することをおすすめします。
トイレもありますよ。
20170627入口2

こんなに立派な樹を見ているだけでも、森のパワーをもらえます。
20170627入口 
奥の方にも太い幹や、苔がびっしりはえている風景がたまりません。
 
2019-01-12(Sat)

11日の鏡開き

今日は、鏡開きでした。
ちょっと小ぶりですが、今年一年、無病息災でお願いします。
2019鏡もち 


おもちみっつ!

2019鏡モチ2 

包丁はいれないように気を付けていただきます。
2019-01-11(Fri)

シロクマの豪太くん

2019年新春の男鹿水族館へ行ってきたときの画像です。
シロクマの豪太くんです。歩きっぷりが豪快です。
サムネイル画像は、はく製です。豪太くんではありません。

2019-01-10(Thu)

潟上を少しおしゃれに

ここは、天王グリーンランド(てんのう)という公園で、道の駅でもあります。
秋田県潟上市(かたがみし)にあり、吉田輝星選手の出身地でもあります。
今時期は、イルミネーションで飾られいます。
冬の夜空を、歩いているだけで、おしゃれな気分にしてくれています。
吉田輝星選手もきっと見ているはず。
グリーンイルミ 

こちらは、ツリー
グリーンイルミ2 

ちょっと寒いですが、ここら辺でコーヒーでもすすって見ましょうか。
グリーンイルミ3 
2019-01-09(Wed)

ペコちゃんのファミリークラブでゲット!

ジャンジャジャーン!
不二家のチョコレートケーキや、シュークリームや、ソフトクリームでてにいれました。
500円で1ポイント(5倍デーアリ)、40ポイント貯めて
ペコちゃんのスツールボックス、ゲットでーす。
パチパチパチー!
ペコスツール1 

椅子にもなりますよ。

ペコスツール2

中は、収納ボックスとして利用できます。
子どもたちのWiiUとDSが入っています。
子どもたちには、椅子の宝箱ですね。

ペコスツール3
2019-01-08(Tue)

男鹿水族館に行ってきた

こちらは、2014年に秋田県沖で網にかかった「竜宮の使い」のはく製だそうです。約3mあります。こんなのが、日本海を泳いでいるなんて驚きでした。
2019竜宮 
こちらは、シロクマのはく製です。
さわれるんですよ。結構、やわらかい毛並みでした。
2019シロクマ

こちらは、ほんものです。
豪太くんです。のっしのっしと歩いています。

2019シロクマ2  


2019-01-07(Mon)

癒しの生き物、カブトクラゲ

大変癒されました。こんなにも、かわいく、美しいクラゲちゃんがいたなんて知りませんでした。2019年新年早々、男鹿水族館でこれまた良い出会いでした。
カブトクラゲというのだそうです。
小さな揺れる光輝くヒラヒラは、なんと発光していないのだとか。
あくまでも反射だそうです。
カブトクラゲ 
ほんと癒されます。
こちらは、40秒ほどの動画です。ヒラヒラがいいですよ。

2019-01-06(Sun)

カモシカとの遭遇

新年早々、初体験ができました。男鹿半島の秋田県道59号線「白糸の滝駐車場」にて、カモシカと遭遇しました。冬道ということもあり、ゆっくり運転していたこともあり、危なくはなかったのですが、道に飛び出してきたところでした。遠くに、ん?なんだ?でっかい犬?って感じでしたが、ツノをみて「カモシカね」と気づきました。カモシカは特別天然記念物なのですね。
見ている分には、つぶらな瞳がかわいく、めでたい出会いでありました。


こちらは動画から切り抜いた写真です。

2019カモシカ 

2019-01-05(Sat)

異形樹の林道

ここはまだ、中島台レクリエーションの森ではありません。
近くの林道です。
異形樹林とでも言えるでしょうか。
熊さんを若干気にしつつパチリます。
鳥さんたちの声も心地よいです。
20170627林道樹2

しっとりとした空気も心地よいです。

20170627林道樹3  
2019-01-03(Thu)

異形樹のご紹介⓵

鳥海山麓にあるブナの木々たちは、林道でもお出迎えしてくれます。
中島台レクリエーションの森の先に続く道があります。
ちょっといったところです。
林道1

恐竜や、ドクロにも見える異形樹
林道の樹1

夜に行くのはちょっと遠慮しておきます。  
2019-01-03(Thu)

とある異形樹の森

秋田県にかほ市は、圧倒的な神秘力を持っている。
その場所は、鳥海山の北西山麓に広がり、
中島台レクリエーションの森(なかじまだいレクリエーションのもり)
といいます。
異形樹の森には、長い年月に裏打ちされた神秘的パワーが満ち溢れています。
異形樹の森115 
2019-01-01(Tue)

今年撮ってみたい写真

新年が始まり希望をもっていきたいと思います。
18年秋田県にかほ市金浦町(このうらまち)は、日本海に面していて
夕日がとてもきれいです。
この時も、単純に、夕空が綺麗だったので、オートで撮った写真です。
しかし、その後に電車が通り過ぎ、いやー逃してしまった!
そんな感情を未だに持っている一枚です。
今年は、これに電車のシルエットも入れてみたい気持ちです。

夕空15 
スポンサードリンク
プロフィール

もっとホット

Author:もっとホット
どんなに忙しくても、ティー・コーヒータイムは大事にしたい。
写真動画の無断転用、無断転載はご遠慮下さい。

1ポチッとお願い致します。

FC2Blog Ranking

ブログランキング参加中
1ポチっとご協力をお願い致します。

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2 Blog Ranking
1ポチッとお願い致します。

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング参加中
1ポチっとお願い致します。

人気ブログランキング