FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019-02-28(Thu)

溶岩流のヘリを見ながら

左側に、元滝からの流れと樹木の断崖を見ながら少しずつ進みます。
このあたりの風景も、実にきれいです。
時々、カワセミも現れ楽しませてくれます。
元滝21 
スポンサーサイト
2019-02-27(Wed)

癒しのウキウキ

突然人工的流れに変わりますが、浮島のような感じとゆったりとした水の流れに癒されます。
元滝19

岩の上って硬いと思うんです。
でもしっかりいろいろな草が、根付いて優しい風景となってくれています。
元滝20  
2019-02-26(Tue)

バキバキッ!でもホッコリ

バキバキッと強烈な音がしてきそうです。
ちょっと痛々しくもありますが、
元滝17



これでホッコリしますね。
元滝18  
2019-02-25(Mon)

伸びる手

右側だけに伸びている枝が「なんかくれ!」と言っていそう。
元滝15

緑のイソギンチャクか、いや、緑のやまあらしか
元滝16  
2019-02-24(Sun)

ターザンロープ

ジャングルのようです。
枝か、つたか、つるか、根っこかわかりませんが、ターザンロープと呼ぶこととします。
このグネグネ感が、奥の方でいい味出してくれます。
元滝13

こんなにも上まで、苔がびっしり張り付いているのが結構好きです。
元滝14 
2019-02-23(Sat)

寄り道しながらゆっくりと

元滝への散策路は、それほど長くはありません。でも、奥へ行くにしたがって、きれいな風景が出てきます。このあたりの水景もなかなかでした。
元滝11

お茶が飲みたくなります。熊注意ですが、マグボトル持参で行きます。
元滝12  
2019-02-22(Fri)

海苔ではありません。

只の丸太も、みっちり苔が張り付くととても味わい深いものになります。
元滝10

ただ歩くだけで気持ち良い散策路です。
元滝9

元滝8   
2019-02-21(Thu)

5月中旬の散策路

元滝へは、5月後半以降がよいかもしれません。
この写真は5月中旬です。木々の葉が、成長しきっていません。
まあ、天気が良ければ何でもいいかな。いろいろ雰囲気は変わります。
元滝7

こんな水路の雰囲気も楽しくなります。 
元滝6 
2019-02-20(Wed)

元滝への散策路と水路

癒しの水景、「元滝伏流水」(もとたきふくりゅうすい)への散策路は、概ねきれいに整備されています。奥へいくとアップダウンがきついところもあります。なんといっても溶岩流のヘリへ向かっているので。
元滝4

散策路と並行して人工的な水路でもあるわけですが、大変味のある水路です。
水のきれいさが、ほんと気分を盛り上げてくれます。
元滝5  
2019-02-19(Tue)

いざ参らん、癒しの水景、元滝伏流水へ

鳥海山麓の秋田県にかほ市側には、これまた素晴らしい水景があります。
悠久の時の流れが、心を洗い流します。
いざ参らん、癒しの水景、「元滝伏流水」(もとたきふくりゅうすい)へ
元滝1

こちらは、駐車場です。元滝へは、基本的にこちらに車を止めて向かうことになります。
他にもあるのですが、今回はこちらをご紹介します。ちゃんと舗装もされています。
トイレと、ジュースの自販機があります。
元滝2


いよいよ出発です。すたすた進むと10分ほどで到着します。
今回は、じっくり風景を楽しみながら行きたいと思います。
元滝3   
2019-02-18(Mon)

上郷温水路群の案内板

鳥海山から恵まれた豊富な水の流れは、冷たいばかりでなく酸度もちょっと高いのだとか。
この上郷温水路群案内板の写真があったので、アップしたいと思います。
森の帰り道12

拡大します。人の働く姿に感動を覚えます。
森の帰り道15

図の説明で、よりわかりやすくなっています。
森の帰り道16  
2019-02-17(Sun)

これが故人の知恵と努力の形

この幅広の美しい川は、「上郷温水路群」(かみごうおんすいろぐん)と言います。
鳥海山からのとても冷たい雪解け水を、太陽光で温めているのだとか。表面積を広げ、多分、流れも緩やかにして温度調節をしているものと見られます。そして、温めた水を、田畑に利用してきているのです。
しかもなんとこれを、故人は手作りしているのです。頭が下がります。合掌ものです。
森の帰り道14

田畑が広がるこの場所は、子どもたちの勉強材料にもなるのだとか。
森の帰り道10

鳥海山も夕日映えします。
森の帰り道13   

2019-02-16(Sat)

森の帰り道3

中島台レクリエーションの森の近くに幅広の川が流れています。
たっぷりと蓄えた鳥海山の水の流れと夕日がとてもきれいです。
森の帰り道7

実はこの幅広の川は、人工的に作られてます。
これは、故人の知恵と自然美のコラボです。詳しくは、また。
森の帰り道6  


2019-02-15(Fri)

森の帰り道2


中島台レクリエーションの森は、鳥海山麓ということで、日本海側に位置します。
日本海の夕日は、とてもきれいです。
過ぎ去った飛行機雲と生まれたての飛行機雲のコラボがきれいでした。
森の帰り道8 
2019-02-14(Thu)

森の帰り道

中島台レクリエーションの森は、午後3時までしか入ることができません。
熊さん対策です。昼頃の到着だとあっという間に時間が過ぎます。
こちらは、夕刻の入り口付近の広場です。
森の帰り道5

中島台レクリエーションの森まで、結構山の中まで来ます。それでもこのような舗装された道で来ることができるので、不便は感じません。
森の帰り道9  

2019-02-13(Wed)

バサバサ、「カケス」?

中島台レクリエーションの森には、多くの野鳥がいます。
野鳥に関しては、詳しくないです。でも、野鳥の鳴き声が好きです。
あがりこ大王の帰り道に、バサバサと現れたのは、「カケス」という野鳥のようです。きれいな羽が特徴的だったので、急いでカメラを向けた次第です。
カケス 
2019-02-12(Tue)

あがりこ大王の木漏れ日

あがりこ大王の上部を、動画から切り抜いてみました。
どっしりとした幹に、スーっと伸びる多くの枝が美しくも見えます。
雰囲気だけでも、感じてもらえればと思います。
あがりこ大王9

ご立派な樹の木漏れ日は、神々しくも感じます。
あがりこ大王10  
2019-02-11(Mon)

あがりこ大王の後姿

あがりこ大王の樹形はぐるっと一周できるようになっています。
ベンチもあり、記念撮影もできるようになっています。
こちらの写真は、あがりこ大王の後姿ということになります。
あがりこ大王7 
2019-02-10(Sun)

あがりこモンキーダンス

呼び方はいろいろあるかもしれない。
「モンキーダンス」「あがりこモンキー」ん?パンダの顔
いづれにしても楽しい。
あがりこ大王8 

ちょっとボケてしまっていますが、こちらも
「ミニゴリラ」、「あがりこゴリラ」、「テナガザル」?
あがりこ大王6 
2019-02-09(Sat)

あがりこ大王のコブ

あがりこ大王のコブもいろいろなものに見えてきます。
こちらは、牛の顔にも見えてきました。
あがりこ大王3

あがりこ大王の苔のズームアップです。モリモリしています。
あがりこ大王2  
2019-02-08(Fri)

異形樹の森の大王様あらわる

中島台レクリエーションの森へきたなら、森の巨人、「あがりこ大王」が最大目標になります。いつみてもご立派でございます。
必ず手と手をあわせて、「合掌」です。畏敬の念を持たずにはいられません。あがりこ大王

あがりこ大王の案内板です。
あがりこ大王1

中島台レクリエーションの森へ来て、あがりこ大王だけ見るのなら30分もあれば、往復できます。結構ご高齢の方たちとすれ違います。運動がてらという方も多いようです。  
2019-02-07(Thu)

森の王子様の木陰

こちらは、森の王子様の上部です。
周りの樹々と比べても、たくましいです。
異形樹の森45

木漏れ日に癒されます。
異形樹の森44  
2019-02-06(Wed)

森の王子様あらわる

この樹は、枝がたくさん伸びているところが、ローソク立てにもみえることから「燭台(しょくだい)」とも言われています。
私には、筋骨隆々の森の王子様です。凄くたくましい姿が、頼もしい存在です。
この急な角度のガッツポーズを支える体幹も素晴らしい。
異形樹の森39

このたくましい二の腕には、この森の妖精さんが座っているのだとか。
かっちょいい!
異形樹の森43  
2019-02-05(Tue)

コブコブの秘密

このあたりでは、炭づくりがされていたようです。
ブナの枝が切られ、その後も成長を続けた結果がいろいろな樹形につながっているとか。
ここには、江戸時代末期に使われていたといわれる炭焼き窯がありました。
異形樹の森41

石で積まれいただけのものでした。しかし、静かに時が流れてきたことを想像するだけで落ち着いてきます。
異形樹の森42

異形樹の森40   
2019-02-04(Mon)

手のひらを天に

こちらも、立派な異形樹でした。
手のひらのような形にも見えます。
異形樹の森36

伸びた枝はスーッと上に伸びています。
異形樹の森37

これも木漏れ日が、きれいです。
異形樹の森38   
2019-02-03(Sun)

異形樹の森の小さな仲間たち

中島台レクリエーションの森の不思議な樹形を、ご紹介してきました。
他にも、いろいろとありましたので、取り合えず、2枚紹介します。
こちらは、苔が、宝地図のようでした。
異形樹の森35

こちらは、「ギンリョウソウ」というものらしい。菌の一種だとか。
ムーミンにでてくる白いやつ「ニョロニョロ」でもいいかも!
どちらにしてもかわいい。
ギンリョウソウ  
2019-02-02(Sat)

ジャミラではありません

3本の樹にも見えますが、ようく見ると1本の樹です。個人的に肩がせりあがった感じが、水際のジャミラさんにも見えます。
根本の方からニョキーっと一本出ているのが、特徴的です。
異形樹の森34 
2019-02-01(Fri)

鳥海マリモ群

このあたりから鳥海マリモ群が見られます。時期は夏がベストです。
5月、6月のころの写真です。まだまだ小ぶりです。
しかし、十分癒されます。
鳥海マリモ2
結構モコモコしています。
鳥海マリモ1
冷たい水流の中でも元気にモコモコです。
鳥海マリモ3
苔のモコモコが、水に揺れているところが愛らしい。
鳥海マリモ4    
スポンサードリンク
プロフィール

もっとホット

Author:もっとホット
どんなに忙しくても、ティー・コーヒータイムは大事にしたい。
写真動画の無断転用、無断転載はご遠慮下さい。

1ポチッとお願い致します。

FC2Blog Ranking

ブログランキング参加中
1ポチっとご協力をお願い致します。

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2 Blog Ranking
1ポチッとお願い致します。

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング参加中
1ポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。